社労士としての両立支援の取り組みについて  社会保険労務士 藤川佳織先日、神奈川県社会保険労務士会「がん患者等有病者の就労支援研究会」主催のシンポジウムを聴いてきました。社会保険労務士で、シニア産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの藤川佳織さんのお話をまず聴きました。企業にとって、社労士が両立支援を行ってくれれば貢献できる部分もあり、従業員のQOLに配慮した働き方改革にもつながるという事でした。