先日、神奈川県社会保険労務士会「がん患者等有病者の就労支援研究会」主催のシンポジウムを聴いてきました。 横浜市立大学付属病院ソーシャルワーカーである友田安政さんが両立支援の取り組みについてお話くださいました。傷病そのものよりも、その傷病が患者・家族に対して心理的・社会的にどのような影響を与えるのかを考える。そして、企業・病院・患者の意識を共有する取り組みが必要だと述べていたのが印象に残っています。